sido2017_top2.png
sido2017_top2.png

プログラム


 

 

 

 

 

 

 

 

SCROLL DOWN

プログラム


 

 

 

 

 

 

 

 

 

開催概要

Thinker(考える人)からDoer(行動する人)へ
日本最高のグローバルに通用するイノベーター育成プログラム

イノベーションの秘訣は、みなさんが普段の生活や職場で感じた課題や、思いついたアイディアを「直ちに実践」することです。経済産業省は、「シリコンバレーと日本の架け橋プロジェクト」の一環として、次世代のイノベーションの担い手を育成し、シリコンバレーとの繋がりを作るために、2015年度、2016年度に引き続き、「始動 Next Innovator 2017(グローバル起業家等育成プログラム)」を開催いたします。

本プログラムは、日本国内プログラム(全12日間:2017年7月14日〜2017年12月16日)及びシリコンバレープログラム(全12日間:2018年1月22日〜2月4日)、成果報告会(2018年2月16日)で構成されており、様々な講師ならびにメンターとともに実践的な活動を遂行することで、イノベーターとして最も重要なマインドセットの体得を目指します。

参加者にはそれぞれの組織でイノベーションの担い手となり、日本の成長戦略に寄与することを期待されます。


求める人物像

“If things are not failing, you are not innovating enough…”(Elon Musk/Tesla, SpaceX)「何も失敗ごとが起こっていないとしたら、十分にイノベーションを起こしていない証拠だ」(イーロン・マスク テスラモーターズ/スペースX)※1

人間誰もが失敗は嫌なもの。これはシリコンバレーに集う強者でも同じことです。「失敗者に寛容な社会を作ろう」「もっと挑戦者を増やそう」と喧伝したところで、人はそう簡単に変われるものではありません。

他方、今日本が直面している現実は、少子高齢化や産業の成熟などという社会背景に加え、ITやテクノロジーの世界が全産業を飲み込もうとしている未知なる社会です。
これまでの常識や、やり方を見直し、産業の定義や事業のポートフォリオ自体を大きく変えること。積極的に社会の問題や課題を発見し、その解決に挑戦すること。そういったことにトライする人材の育成が喫緊の課題でもあります。

始動プロジェクトでは、昨年に引き続きみなさんが普段の生活や職場で感じた課題や、思いついたアイディアを「直ちに実践」してみることを重視します。考えたり、分析する時間を実践に当てることで、より早く本質に近づき、好機を見逃さない姿勢や習慣を身につけることにつながります。小さな失敗に慣れることで、学ぶ機会を増やし、大きなリスクを取れる胆力を養います。「失敗を恐れるのではなく、好機を見逃すことを恐れてほしい」それが我々の思いです。

公募にあたっては、 企業で新規事業を担当する方、自治体などの組織で新規事業やイノベーションの仕掛けや政策を担当する方、研究所などの組織で事業化を目指す研究者、事業経験を持つ起業家、起業を目指す学生など、幅広い方々を対象としております。

※1:Fast Company in 2005 https://www.fastcompany.com/52065/hondas-space


 

始動 Next Innovator 2017について

 

本プログラムは、Next Innovator育成のために約5ヶ月の日本国内プログラム、約2週間のシリコンバレープログラムで構成されております。参加者はプログラムを通じて、イノベーションを起こすために有効なメソッドとイノベーターとして最も重要なマインドセットの体得を目指します。


日本国内プログラム

sido2016_kokunai001.JPG
sido2016_kokunai003.JPG
sido2016_kokunai002.JPG
sido2016_kokunai004.jpg

日本国内プログラムは、プログラム参加者の学習効果を高めることと、知の振幅をより効果的に実践しイノベーション創出を促すため、「知の深化」「知の振幅」「知の融合・実践」の3部構成として、個人の取り組みに加え、チームでの取り組みを行います。また、全体を通じて、「事前学習→講義→グループワーク→ネットワーキング→メンタリング」という流れで学び、より効果的に再現性ある能力を高めていきます。

キックオフ:ゴールイメージの共有
(Thinker to Doer)
2017年7月14日(金)

場所:東京

第1回:イノベーションの理解
2017年8月5日(土)〜8月6日(日)

場所:東京

第2回:多様性の中で課題を発見する
2017年8月26日(土)〜27日(日)

場所:大阪

第3回:多様性の中で課題を解決する
2017年9月23日(土)〜9月24日(日)

場所:東京

第4回:成功する事業の作り方
2017年10月21日(土)〜22日(日)

場所:東京

第5回:事業戦略に他者を巻き込む
2017年11月18日(土)〜19日(日)

場所:東京

第6回:最終発表会
2017年12月16日(土)

場所:東京

※2018年2月16日(金)に成果報告会(東京)を開催いたします。


シリコンバレープログラム

sido2016_sv001.jpg
sido2016_sv004.jpg
sido2016_sv002.jpg
sido2016_sv004.jpg

シリコンバレープログラムは、日本国内プログラムにて選抜されたメンバーに提供されます。自ら立案・策定した事業計画を持って、シリコンバレーのメンターや起業家に対するピッチ、そして対話を通じて国内で得たスキルセットと気づきをリアルな場で実践し、イノベーターとしてのマインドセットを体得するための場とします。

日時:2018年1月22日(月)〜2月4日(日)
場所:米国カリフォルニア州パロアルト市

過去のシリコンバレープログラムについて

団体訪問先:
Bootstrap Lab、ChatWork、Drivemode Honda Silicon Valley Lab、IDEO、InterTrust、LinkedIn、Plug and Play Center、Salesforce、SAP、Stanford University、Soracom、Whill、500Startups

ゲスト講師:
朝倉祐介氏(スタンフォード大学研究員)、新井 仁氏(JINS Eyewear US, Inc. President)、アンディ小川氏(Quest Ventures)、クリス・イェ氏(Wasabi Ventures)、柴田尚樹氏(SearchMan創業者)、鳩山玲人氏(元サンリオ常務取締役)、フィル・リービン氏(Evernote共同創業者)、リチャード・チェン氏(エンジェル投資家)

その他コンテンツ:
現地始動サポーターとの個別面談、ピッチ大会、事業計画発表会、始動参加者が独自にアポ取りした個別訪問、始動事務局との個別メンタリング、チームでの新規事業創出ワークショップ、日米VCカンファレンス Moment 2015、マシオカ氏によるYes Andワークショップ


講師・メンター・サポーターのご紹介

本プログラムは、第一線で活躍する人材を、講師、メンター、サポーターとして招聘し進められます。参加者には講師の話を聴講するだけでなく、講師や登壇者との交流の場や、メンターとのオンライン、オフラインでの相談機会があり、外部関係者を活用して新しいアイディアを生み育ていくための環境が提供されます。


ご質問はまずFAQをご確認の上、ご連絡頂けますよう宜しくお願い申し上げます。

問い合わせ先
contact@sido2017.com
始動 Next Innovator 2017運営事務局

主催 経済産業省
運営 アクセンチュア株式会社、WiL

始動 Next Innovator 2017は、経済産業省の平成29年度予算「グローバル・ベンチャー・エコシステム連携強化事業」の一環として、代表事業者:アクセンチュア株式会社、連携事業者:WiLが委託を受けて運営しております。

 

 

※スクロールボタン表示用ダミー


※スクロールボタン表示用ダミー